IT'S ALL RIGHT

独り言、備忘録。

交通事故-当事者同士の会話には要注意

有名なはてなブロガーが、交通事故を起こしたようだ。

任意保険に入っており、何よりだ。

 

私もADHDの影響か、若い時には多く事故を起こしている。

有責での人身事故がないことだけが、幸いだ。

 

交通事故を起こしたのちに、

事故そのものよりも怖いと思った経験がある。

 

駐車場での事故で、責任割合は私の方が大きいものであった。

相手は女性。

「ちゃんと責任は全部とってくれるんでしょうね?」

と言われたので、

「はい、保険に入っているので大丈夫です。」

と返答した。

 

その後。

警察より先に、相手側の保険代理店の人間がやってきた。

(保険会社ではなく、「保険代理店」である点が味噌。)

 

そして私に一言。

「責任は全て、そちらにあるということで良いですね?」

 

ここで、本当にゾッっとした。

慌てて、

「いや、責任がどれくらいかは、

今後、警察と保険会社で過失割合を決めてくれると思います。」

と返答。

 

すると事故相手の女性が、

「さっき、全部責任を取るって言ったじゃない!」

・・・怖え。

 

私は、

「私の過失割合」分については、

保険に入っているので全て責任を取ると言ったのだ。

 

それを、

「全ての責任は私にある。」

「過失割合は100%私にある。」と

あたかも返答したようにすり替えられている。

 

そして何より怖いのは、

わざわざ保険代理店の人間を呼んで、

証人となる第三者を用意しようとしたことだ。

 

もしかしたら、保険代店の人間は、

ICレコーダーくらい準備してたのではないだろうか。

 

もし私が迂闊な返答をしていたら、

保険でカバー出来ない部分を、

散々、個人負担させられていたことであろう。

恐ろしい・・・。

 

最近は、

ステラトラの作用か、あるいは年を取ったからか、

運転が随分と落ち着いた。

車の性能も、良くなっている。

 

それでも、ひやっとすることはある。

安全運転を心がけよう。

 

end

森友学園に関する素朴な疑問

昨日TVを見ていると、

新理事長として籠池氏の娘さんが出演していた。

また籠池氏の奥さんも今はどうか知らないが、

副園長を務めていたので理事であったのだろう。

 

ふと疑問に思うのは、学校法人の役員に対する規制だ。

社団や財団といった公益法人でも、

公益を名乗る場合には、親族関係者に関して制限がある。

早速、グーグルで検索。

 

文部科学省のHPに記載あり。

以下、転載。

 

  学校法人には、役員として、理事5人以上、監事2人以上を置かなければならないとされ、学校法人の公共性を高めるため各役員について、その配偶者又は三親等以内の親族が1人をこえて含まれることになってはならないこととなっています。
  学校法人の業務の決定は寄附行為に別段の定めがないときは、理事の過半数をもって行われるが、一般には、基本財産の処分等の重要事項については理事総数の3分の2以上の特別決議が必要であるとされています。また、一定の重要事項については、あらかじめ評議員会の意見を聞かなければなりません。

転載、ここまで。

 

これを見る限り、籠池家親族以外の理事・監事が少なくとも5名いるはずだ。

ところが表舞台に出てくるのは、籠池夫婦と息子と娘。

他の役員は、何をやっているのだ?

 

また理事会の上には、評議員会があるようだ。

役員の選出は、評議員会の決議事項ではなかろうか。

そして理事長の選出は、理事会決議ではないだろうか。

 

であれば、

このような事態にもかかわらず、

籠池一族で理事長を選出する意図が全く不明である。

評議員会、理事会、籠池家以外の理事・監事が全くの機能不全に

陥っているとしか考えられない。

 

となれば、

学校法人としての資格が無いと言わざるを得ない。

文科省は直ちに調査を行い、適切な判断を行い、

処分を検討すべきなのではないだろうか。

 

次に建設会社との発言が食い違う約2100万円の問題。

値引きなのか、寄附金なのか。

 

実に簡単なことでは、ないだろうか。

寄附金であれば、寄附申込書が存在するであろう。

或いは寄附専用の振込用紙の控えがあるか、

或いは寄附専用の銀行口座に振り込みがされているか。

なんらかの根拠が必ずあるはずである。

 

一方、値引きの場合はどうだろうか。

通常、支払いの後に値引きがあるとは思えない。

あのような固定資産に「キャッシュバック」などあるだろうか?

値引きなら値引きで別途、契約書の巻き直しがあるのが通常であろう。

 

もし何もなければ、

そこには双方の何らかの思惑があるはずだ。

 

森友側は寄附金として処理するため、

建設業者としては課税売上の減額のためであろうか。

なんらかの思惑があるから、何も資料を残していないとしか思えない。

 

行政・司法には、

マスコミの影響を受けることなく、

粛々と事実を確認して処分を行ってほしい。

 

忖度してばっかりの

お役人も含めて。

 

 

end

桜田淳子氏に問題は無い

桜田淳子の一夜限りの復活が、今晩あるそうだ。

これに対して、一部の弁護士等が反対活動を行っている。

 

桜田淳子は家庭連合(統一教会)の広告塔だ、

霊感商法等の片棒を担いでいる、などの主張だ。

 

影響力のある芸能人が、

このような活動を行うべきではないとも言っている。

 

 

果たして、そうだろうか。

 

まず前提として、

桜田淳子氏は「広告塔」なのであろうか。

そして「広告塔」であることが、悪いことなのであろうか。

 

悪い「広告塔」として思いつくのは、

ペニーオークション詐欺事件である。

芸能人が使ってもいない家電製品等を、

ギャラを貰い、自身のブログで宣伝を行うものだ。

 

これは、大きな問題となった。

完全に干されてしまった芸能人もいる。

 

しかしながら、

「巨額のギャラを貰ってCMに出るのと、どこが違う?」

という気がしないでもない。

 

ただCMはギャラが発生していることが明らかであり、

ブログは自身の情報発信であるかのように書けば、

やはり問題なのだろうか。

 

個人的には、特定の商品を芸能人が進めること自体、

裏があるように思うのだか、世間一般はそうでもないようだ。

 

なんだか話が逸れてしまったが、

この騒動で問題になったのは、

●ギャラを貰っていることを隠している

or

●本当に自分が使って気に入っているものではないのに、

 あたかも、そのように装ったこと

の、どちらかであろう。

 

 

今回の桜田淳子氏の騒動は、どうであろうか。

 

まずは、広告塔としてギャラを貰っているか否かである。

例えば家庭連合が新聞に広告記事を掲載し、

これに桜田淳子氏がギャラを貰いイメージキャラクターをして

登場しているようのケースだ。

 

しかしながら、そのような報道は見受けられない。

逆に桜田淳子氏が何かすると、

家庭連合と結び付けて報道されているのではないだろうか。

 

次に、桜田淳子氏自身が家庭連合の信者であるかどうかだ。

自身は信者でもなんでもないのに、ギャラを貰って人に勧めているのであれば、

これは問題視されても仕方がない。

 

しかしながら、桜田淳子氏は間違いなく信者であろう。

誰もが羨む芸能界でのポジションを投げ打ち、

会ったこともない男性と結婚をし、継続している。

よほどの信仰がなければ、不可能なのではないだろうか。

 

よって、桜田淳子氏には全く非が無く、

弁護士たちの主張は、まったくの見当違いであろう。

 

桜田淳子氏との面会や握手、ともに食事をとることを励みに、

せっせと壺を購入している人がいるという。

それをもって、広告塔だという主張もある。

 

しかし、きっと桜田淳子氏も壺を買っているのだ。

そして、幸せになっているのだ。

自分と同じように、壺を買って幸せになって欲しいと、

他の人に勧める。

強制でなければ、なんら問題がないのではないか?

 

彼女は、嘘をついていないのだ。

逆に、買っている方が問題なのではないだろうか?

ともに食事をすることを目的に壺をかっているのであれば、

それはそれで「霊感商法」などではなく、

単にディナーショーにお金を払っているのだから、

霊感商法などと騒ぎ立てることの方がおかしい。

 

なお、私は宗教に関心はない。

どちらかというと、日本での宗教には嫌悪感すら覚える。

幼いころに経験した、創価学会の勧誘がトラウマだ。

恐ろしくて、仕方がない。

 

現在の日本は、

宗教を必要としてない、

宗教が無くても十分に幸せでいられる、

稀有で恵まれた国なのだ。

 

 

end

 

それは、質問か?

昨日の夕方。

部下Aが、部下B(既に帰宅)の担当であるお客様の電話に代理対応。

なにやら、トラブル or クレームの香ばしい匂いがする。

 

長めの電話対応の後、どのような内容の電話かを尋ねる。

具体的には書けないが、

●ある事項について税務署の指摘を受け、税負担が発生した。

●このような事項について、「一般的」に税理士事務所は、

 顧客に対してアドバイスすることはないのか?

といった内容との返答であった。

 

基本的に事務所側に責任が生じることはなく、

税負担も、大した金額ではない。

 

しかしながら、顧客からのクレームであると感じた私は、

部下Aに対し、直ちに事務所のボスに報告するように命じた。

 

翌朝。

部下Aは、部下Bの机に件の顧客から電話があったこと、

改めて顧客側から電話をする旨のメモを置いていたことが判明。

電話内容に関しては、まったく伝えられていなかった。

 

●なぜ電話内容を伝えなかったのか?

●お客様は怒っていたのではないか?

と部下Aに問いただす。

 

その返答は、

●改めて電話がきた時に、話をすると思った。

●とくに怒っている様子ではなかった。

というものであった。

 

つまり、

●ある事項について税務署の指摘を受け、税負担が発生した。

●このような事項について、「一般的」に税理士事務所は、

 顧客に対してアドバイスすることはないのか?

という事実の報告、及び質問として捉え、

トラブルやクレームとは全く考えていなかったのだ。

 

これに対し私は、

●上司である私は、顧客からのクレームと考えた。

 だから「直ちにボスに報告」するように命じた。

●担当でもない者に、このような内容を長々と電話で話すのは、

 不満だったり怒っているからとは考えないのか?

 担当及び事務所に対してクレームを付けているの考えないのか?

●「一般的にアドバイスはしないのか?」という質問は、

 実は質問ではない。

 「普通はアドバイスするものではないのか?」

 「アドバイスして欲しかった」という意思表示である。

●声を荒げていないからといって、怒っていないとは限らない。

 冷静に、なにも文句を言わずに取引を解消するお客様が一番怖い。

 声を荒げて怒ってくれるお客様は単純で、ある意味、親切なのだ。

といった説教をした。

 

説教といっても、大きな声を出したり叱りつけた訳ではない。

ただ淡々と説明するだけだ。

 

本当は、怒鳴りつけて、

二度と同じことをしないよう教育してあげる方が親切なのだろう。

 

でも今の時代、

そんなことをすると、すぐにパワハラ認定だ。

それに、言って理解できるなら、こんな事態にはならないはずだ。

理屈は分からなくとも、「なんとなく」感じることにより、

適切な対応ができるはず。

 

私は、決して親切でも優しくもない。

むしろ冷たい人間だ。

だから怒らない。

 

上司として、

キチンと部下を管理・指導している。

その体裁を整えるだけだ。

 

end 

reスタート

アラフィフ。

四国在住。

税理士。

ADHD

2児の父。

 

もともとは、事務所公式ブログを書いてたんだけど、

内容について内外から、

「いかかがなものか」的なことをアレコレ言われ、

メンドーになって更新しなくなった。

 

アメブロでも書いてたんだけど、

所属する某民間資格団体の支部長から、

不正を指摘したことの腹いせか、

イチャモンをつけられたので、やめた。

 

でも、

どこかで何かを書いていないと、

どうも落ち着かない。

 

という理由で、

今日はハテナ記念日。

 

仕事の調子が出ない。

年末調整とか決算とか、その他諸々あるけど、

手につかない。

 

しばらく断っていたストラテラを、今日から再開。

一日120mgだったが、間が空いたので40mgから。

仕事は、まだ捗らない。

でも吐き気は多少感じるから、効いているのだろう。

 

ぼちぼち、やるしかない。